この荒川や利根川沿いの低地の集落では、母屋よりも高く土盛りした上に土蔵を造った。水害から家財や食料を守るためだ。