« 2006年出場大会全記録 | トップページ | 「赤貧洗うがごとき」~田中正造と野に叫ぶ人々~ »

2006年12月15日 (金)

2006年出場大会総括

今年は、妻沼駅伝を含めて19の大会に出場しました。フル5本、ハーフ5本、10K4本、その他の距離5本でした。

1996年1月から走り始めて11年目のシーズンですが、2000年からは参加大会について3つの目標を立てています。まず、毎年新しい大会に参加すること。次に、どんな小さな大会でもいいから1回は入賞すること。そして、フル・ハーフ・10㎞どれかで自己記録を更新することです。

1つ目の新しい大会は、その気さえあれば当分途絶えることはないでしょう。グンタマエリアでもまだまだ参加していない大会がたくさんあります。今年は、1月新春(30㎞)、新宿シティ(ハーフ)、2月おきなわ(フル)、9月一関国際(ハーフ)、11月ぐんま県民(ハーフ)、秩父宮記念(10㎞)、12月さの(フル)、以上、7つの大会に初参加しました。どれも印象に残る大会ばかりです。

221912つ目の入賞は、2000年から01年を除いてなんとか年に1~2の大会で賞状を頂いてきました。ただし、小鹿野、早稲田の杜、粕川と部門別の人数が10数人から数十人という超ローカルの大会ばかりでした。ところが、今年は新宿シティハーフ6位と一関国際ハーフ4位と比較的大きな大会で入賞しました。当然今までの大会以上にうれしいものです。特に国立競技場をスタートゴールにする新宿での入賞は、陸Pict0216_1上競技をやってきたものには誇らしさに似たものを感じます。

最後の自己記録更新は、03年にサブスリーを達成した勝田以来足踏みしたままです。03勝田までの1年間は絶好調で、ハードル高くなってしまったからです。そこで、目標を新しくしました。それは、50歳代ベストの更新です。50歳を超えて2年目の今年は、フル(さの)、ハーフ(新宿)、10㎞(花園)と3種目とも昨年の記録を上回りました。 この目標をクリアするのも、だんだん難しくなりそうですが、来年も頑張るぞ。

|

« 2006年出場大会全記録 | トップページ | 「赤貧洗うがごとき」~田中正造と野に叫ぶ人々~ »

コメント

実は、新宿も一関も過去のデータから入賞の可能性が少しあると思ってました。前年の記録なら6位くらいには入れそうかな?とね。
新宿は、自己2位の記録でぎりぎり6位。
一関は、ヘロヘロで4位でラッキーでした。

新しい大会を選ぶとき、そんなことも少し考えているんですよ。

投稿: ヨッシーの父 | 2006年12月19日 (火) 09時05分

こういうの見るとMotivation上がりますねぇ!
来年は私も初の入賞目指したいところですが、まずは自己新更新かな。

投稿: さんぽ | 2006年12月18日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133444/13066103

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年出場大会総括:

« 2006年出場大会全記録 | トップページ | 「赤貧洗うがごとき」~田中正造と野に叫ぶ人々~ »