« 佐倉での走りを反省 | トップページ | »

2008年4月 4日 (金)

行田市内お花見ラン

恒例のお花見ラン(と言っても昨年から)をしました。
行田市内の桜スポットを走ってつなぎました。

Pict0627Pict0626_3まずは、いつも練習している「総合公園」です。ここの体育館は「グリーンアリーナ」といい、今夏のインターハイでは「空手道」の会場となります。

次に向かったのは「忍城」です。今話題の歴史小説『のぼうの城』の舞台です。もちろん現在の城は再建されたものです。(今日の朝刊、『のぼうの城』が昨年末の発売からとうとう第6刷となったと広告が載っていました。)
Pict0628Pict0630 
Pict0632つづいて、「水城公園」です。忍城は石田三成の水攻めにも落城しなかったため別名「浮城」とも言われます。かつては、城の周囲はこんな池になっていたのかも知れません。

Pict0633次は、武蔵水路沿いの「さきたま緑道」です。武蔵水路は首都圏の水不足を解消するために利根川と荒川を結んでいます。利根川の豊富な水を荒川に導いているのです。

そして、本日の最終目的地である「さきたま古墳群」です。行田市では古墳群を世界遺産に登録しようと運動をすすめています。
最初の写真は、日本最大級の「丸墓山古墳」に通ずる道で「石田堤」の一部です。石田三成は「丸墓山古墳」の墳頂に本陣を築いて忍城水攻めを指揮したのです。この道は、水攻めのために作られた堤の一部だということです。次の写真は、「丸墓山古墳」の上から石田堤の桜を撮ったものです。
Pict0634Pict0635
最後の二枚、左側は「丸墓山古墳」を北側に下りたところから見上げて撮ったものです。右側は「稲荷山古墳」の上から撮った「丸墓山古墳」です。
Pict0636Pict0638ホントにいい天気で、のんびり桜巡りができました。明日は、いよいよ「利根川お花見マラニック」です。連日の贅沢ですね。   

|

« 佐倉での走りを反省 | トップページ | »

コメント

本当に日本の桜ってきれいですね。周りを引き立てるような色合いでいて、それでいて、自身もとっても美しい。なんて・・・・あやかりたいような桜です

日本人の文化、心に合っているなあと感じます。

投稿: marima | 2008年4月 6日 (日) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐倉での走りを反省 | トップページ | »