« おさむ君@わたらせ工芸展 | トップページ | 駅伝シーズン到来 »

2008年10月19日 (日)

08小鹿野ロードレース~~今年は10k~~~

Pict0421   例年、この大会から秋の深まりを感じていたのですが、今年も昨年同様に暑い日になりました。応援する人には、良かったかもしれませんが、走る身にはちょと辛かったですね。この大会の応援風景でもっとも目につくのが、賑やかな祭囃子です。各地区の祭囃子が、あちこちで応援のために鉦や太鼓、笛でランナーの後押しをしてくれます。演奏してくれていた子供たちには感謝です。実際に、今日のレースでは、ラストスパートが太鼓のリズムにフィットしていい感じでゴールできました。
Pict0424Pict0425_2 Pict0426_2 
Pict0427

Pict0422 10マイル(昨年からハーフ)の部に出場し続けてきましたが、今年は10㌔に出ました。スタート時間は、ハーフが9時半、10㌔が11時10分です。会場まで自宅から車で約1時間半、朝がのんびりできることが理由の一つです。
 もうひとつ、11月23日の大田原マラソンを意識して、ちょっとしたチャレンジもしました。それは、前日に走り込んで疲れをためた状態でどれだけ走れるかということです。

 本日のレース結果です。
記録:40分49秒 
順位:総合86位/216人中 一般男子29位/137人中
 ※ 10㌔は高校男子、一般男子、一般女子の3部門

 今日のコンディションならこれで良しとしなければならないでしょう。スタート直後は緩い上りが続き、走り込んで疲労が蓄積していたので、スピードは上がりませんでした。しかし、下りの終盤はそれなりのスピードで走ることもできました。
Pict0442  コースは、高低差約80mとかなりきついもので、前半は基本的に上り、5キロ過ぎで峠のピークとなり、そこからは一気に下りとなります。
 だから、前半どれだけ我慢して登れるかがポイントとなります。きょうは、我慢以前の問題として、当然のように昨日の疲労・・・いや最近の走り込みによる疲労から、スタート直後から思うように走れませんでした。細かにタイムは取りませんでしたが、記憶によると1㌔=3分56秒、2㌔=8分1秒・・・・5㌔=20分55秒でした。
 レースペースに対応できる状態になかったということです。後半の5㌔も20分を超えて20分4秒です。5㌔地点過ぎの峠をから一気の下りなのですが、下りに入ってもしばらくは思うように脚は前に出ませんでした。ようやく、スピードの乗れてきたと思えたのが、残り3㌔くらいからでした。ラスト1㌔は街中に戻り、応援の太鼓もにぎやかでそのリズムにちょうど乗ったせいもあり、3分40秒近くまで上がったようです。ほぼ平坦の市街地でいい感じで走れたのが今日最大の収穫でした。

追記:プログラムには年齢は出ていませんでしたが、掲示された速報記録には年齢も記載されていました。その速報版をじっくり見ますと・・・・なんと、一般男子で私より上位に入った選手で50歳代の人は一人もいませんでした。ということは、50歳以上では、私が1番だったということなんですね。ちょっとうれしかったのですが・・・これは、壮年の部(40歳以上)5㌔という種目があり、そちらにエントリーする人が多かったせいでしょう。
Pict0428
 

|

« おさむ君@わたらせ工芸展 | トップページ | 駅伝シーズン到来 »

コメント

>ハリ天狗さん
未だ優勝の二文字のない私です。

投稿: ヨッシーの父 | 2008年10月24日 (金) 08時10分

年代別優勝おめでとうございます!(っていうことにしときましょうよ)
どちらにしてもリザルト眺めていて、自分より年上の人が上にいないっていうのは、結構目標の一つでしたね。
昨年のハセツネで達成しましたが、今年はまた年長者で速い人が続々でした。ため息が出ちゃいます(笑)。

投稿: ハリ天狗 | 2008年10月23日 (木) 11時50分

>部門別があれば優勝だったんですね~

走れる人は、ハーフに出ていました。
ハーフも10㎞も年代別はありませんでした。

投稿: ヨッシーの父 | 2008年10月23日 (木) 08時07分

お疲れ様でした。
部門別があれば優勝だったんですね~。

投稿: ネオス | 2008年10月22日 (水) 22時33分

アドバイスありがとうございます。
たまにビデオ撮ってフォームの確認をしたりしています。
指摘通り、足が流れています。
これから意識して練習してみますpaper

投稿: さんぽ | 2008年10月22日 (水) 04時52分

>さんぽさん
ありがとうごいます。もう頸は心配ありません。ただ、のど詰まりがまだまだ残ってます。

>ピッチ走法のコツってあります?
「骨盤の前傾」を意識するのはいいと思います。これは、「腰高のフォーム」につながると思います。
その場合、蹴りを意識しすぎると腰高の分だけフォームが大きくというか足が流れるのではないでしょうか?足が流れると状態が不安定になったり余分な力が入ることがあると思います。
 蹴りよりも、太腿前面を意識して重心移動を考えたらどうでしょうか?着地した足に早く重心を乗せる意識です。

とか、偉そうなことを言ってますが、自分でもなかなか思う通りに走れない私です。

投稿: | 2008年10月21日 (火) 13時24分

お疲れ様でした。
頸の痛みは引きましたか?
80mの高低差はきついですね。
ところでピッチ走法のコツってあります?自分は骨盤を意識してからフォームが大きくなり、無駄な力が入っている気がします。
力抜いてピッチ多めに意識してますが、骨盤を意識するとまた大きいフォームに…。。
難しいです。

投稿: さんぽ | 2008年10月21日 (火) 04時14分

>hockeさん
ストライドよりもピッチを意識した方がいいと思います。
野口みずきのようにストライド走法は、かなりの筋力が要求されます。筋トレが必要になるでしょう。
しかし、疲労がたまるマラソンの終盤ではどうしてもストライドは詰まりまし、無理にストライドを伸ばそうと思っても推進力よりも上下動になることが多いように思います。

一方、ピッチ走法は、筋力の弱い女性ランナーでも対応できます。それに、筋力をあまり使わないのですから疲労がたまってもピッチの落ち方は、ストライドのそれよりも緩やかなのではないでしょうか。

>㌔4分を切るには
やはり、インターバルトレーニングが必要かと思います。具体的には1000m×5程度のメニューを入れたいところです。これを3分40~45秒でこなしたいですね。
 でも、私はやってませんよ。スピード練習はアキレス腱に負担がかかりすぎて、この年では怖くてできません。一度故障すると回復に時間がかかりますからね。若い時のようにはできません。

投稿: ヨッシーの父 | 2008年10月20日 (月) 19時59分

km4分を切るにはどうすればいいのでしょうか?
手と足を速く動かすことですかねエ、ヤハリ

投稿: Hocke | 2008年10月20日 (月) 12時38分

前日に25㎞も走って、
特に終盤にどんさんがペースアップするので
結構疲労がたまっていました。

そんな言い訳を作っていたので
このタイムで自分を納得させています。

でも、あの峠道はちょっときついですね。

投稿: ヨッシーの父 | 2008年10月20日 (月) 08時12分

お疲れ様です。。
暑い大会となったようですね。。。
終盤は収穫も有ったようでよかった・良かった。。

大田原も頑張ってください。。。。

投稿: さとみ | 2008年10月19日 (日) 20時22分

今日も秋空に恵まれましたが、ロードレースには少し暑かった様ですね。
故意に疲れを溜めてのレースも納得のいく結果だった様で、大田原に向けて予定通りですか。

投稿: 酔~いどん | 2008年10月19日 (日) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おさむ君@わたらせ工芸展 | トップページ | 駅伝シーズン到来 »