« 猛暑を逃れ「赤城大沼」へ | トップページ | マラソンブームです・・・グズグズできませんよ。 »

2010年8月 2日 (月)

入賞ですか?「沢内マスターズマラソン」

 例年8月第一日曜日に参加する「日光杉並木マラソン」からはじき出された勢いで、岩手県の「沢内マスターズマラソン大会」に参加しました。岩手に行くってことでヨッシーの母も同行し、ついでに5キロを走ることになりました。今年は2月のいわき(3キロ)、7月のAMOMORI(5キロ)に次いで、3度目の出場です。

 岩手県と言っても標高が特別高いわけでもない(300m弱)ので、この時期は毎年暑いようです。昨日(8月1日)は、曇り空ながら湿度がかなり高く、アップしている段階で全身汗だらけです。
 10キロのスタートは9時30分、5キロは5分後のスタートです。ヨッシーの母とは、スタート前に「ゴール付近で一緒になるかもね」と話していました。

Pict0958 スタート10分前、スタート地点に並びます。最前列は30~40分目標のプラカードです。堂々と一番前のブロックに入ります。そこには、岩手そしてチームまる高のエースであるカズランがいます。今回は「打倒カズラン」を目標にして参加しましたので、ライバルにエールを送ります。スタート係主任のマイクを通した声が不明瞭で不安でしたが、9時半ちょうどに無事スタートです。

 コースは単純な折り返しコースです。つまり往路の下りは復路の上りです。スタート直後は山の中を抜けますが、その後は和賀川沿いの山間の田園地帯です。今はちょうどヤマユリが満開で目を楽しませてくれるはずでしたが、レース中は愛でる余裕はありませんでしたね。
Pict0961

Pict0964休耕田にはガマの穂もありました。

 レースに戻ります。スタート直後はやや登りますが、すぐに急な下りが1㎞地点まで続きます。ということはゴール前9㎞地点からは急な上りってことです。
 スタート直後の下りで、アキレス腱の不調を感じました。下りの衝撃に鈍い痛みが下りきるまでつづきました。下りでも思うようにスピードアップできません。下りではなく早く平坦になってほしいという変な思いでした。平坦になってアキレス腱への衝撃が少なくなってだいぶ楽になりましたが、思うようにスピードは上がりません。それよりも暑さが気になり始めました。

  ライバルのカズランの姿は、あっという間に見えなくなりましたが、折り返し手前(かなり手前)で確認できました。ライバルも暑さに思うようにスピードが上がらないようです。個々でライバルに声をかけます。折り返しまでに何カ所か小さなアップダウンがありますが、スタート・ゴール近くの坂ほど急ではありません。
 折り返しあたりでは、暑さが相当応えてきました。その直後、もりなおさんとすれ違います。元気をもらいたいところですが、吸い取られた感じで、いよいよ暑さが応えてきます。ここからがこのレースの苦しさの本番となりました。とにかく粘る粘る。でも、目標にしていたランナーには次第に引き離されます。そして、いよいよ残り1㎞地点です。あの急坂が待ってます。みんな苦しそうに喘いで走っています。歩いているのは5分後にスタートした5㎞の後方のランナーでしょうか?

 なんとか苦しい坂を上り終えようとするところで、見慣れた女性を発見。ヨッシーの母です。もうとっくに記録を度外視した走りになっていまいたので、最後は夫婦デュエットランです。普段走っていないヨッシーの母ですが、この日は一度も歩かずにこの坂も走りきったそうです。最後は、仲良く手をつないでゴールです。
 記録は、5㎞に出場したヨッシーの母は37分53秒で年代別10位(12名エントリ-)、ヨッシーの父は5分前にスタートしましたので+5分です。こんな記録でしたから、流れる汗のままもらった記録証を見てびっくり、な・なんと年代別(55~59)で6位(エントリー52名)だったのです。過去の記録を見てもこんなタイムでの6位入賞はありませんでした。Pict0971

 レース後、表彰式までの間は、会場に隣接した沢内バーデンで入浴(入浴券付き)、そして同時開催の雪氷まつりで飲んだり食べたり(500円分の食券付き)して楽しみました。ここで、岩手のランナー仲間としばし歓談です。特にyosiさんとは親子(?)対面となりました。お祭りの賑やかさにつられたのか会場と道路1本隔てた隣の「キャンプ場に親子熊」がやってきているという放送がありました。

Pict0968 Pict0967 祭り会場にはこんな雪山も出現します。ボーダーたちが真夏の雪を楽しんで滑っていました。転んで怪我した人もいるようですが、大丈夫かな?

Pict0959 最後に、この大会の参加賞について。おきまりのTシャツに加えて、上記の入浴券、500円の食券、そしてゴール後の冷え冷えのスポーツドリンク、そして写真のように銀河高原ビールが1本ついています。なんか色々得した気分になる大会です。来年も行こうかな?

|

« 猛暑を逃れ「赤城大沼」へ | トップページ | マラソンブームです・・・グズグズできませんよ。 »

コメント

>さんぽさん
ありがとうございます。

とは、言うものの手放しでは喜べない内容ですからね。秋にはもう少し走れるようにしたいものです。

投稿: ヨッシーの父 | 2010年8月 8日 (日) 21時49分

入賞おめでとうございます♪
杉並木に出られないかわりに、かえっていい遠征になったんじゃないですか。
カズランさん、もりなおさんの顔を久々に見たら自分も行きたくなりました。

投稿: さんぽ | 2010年8月 6日 (金) 18時56分

>カズランさん
楽しいひとときでした。また是非伺います。その時はよろしくお願いします。
次回こそ、「打倒、カズラン!」実行します(笑)。

>ニャース7号さん
参加費は3000円だったようです。アフターもその場で楽しめるなら、車はおいて参加したいですね。ちょっとはまりそうな大会です。
でも、入浴待ちはちょっとキツイですね。次回はゴール後に直行します。

投稿: ヨッシーの父 | 2010年8月 4日 (水) 22時11分

>虎まさん
ありがとうございます。長年走っているとこんな風に棚ぼたみたいな入賞もある物ですね。

>酔~いどんさん
杉並木とは違って全く日陰はありません。ただ、走っているときはピーカーンではなかったのは、幸いでした。

投稿: ヨッシーの父 | 2010年8月 4日 (水) 22時07分

>Hockeさん
75歳以上まで5歳刻みで表彰されます。
ちなみに60~64歳は1位は40分17秒ですが、6位が45分59秒でしたので、Hockeさんなら入賞は確実ですね。

投稿: ヨッシーの父 | 2010年8月 4日 (水) 21時59分

レース中の暑さと苦しさが良~~く伝わって来ました。 
さぞゴール後は雪山に頭から突っ込みたくなったでしょうね。

>参加賞^^
ゴージャスですね~
これからは実利を兼ねた、こういう大会を選定します^^


投稿: ニャ~ス7号 | 2010年8月 3日 (火) 20時32分

ヨッシーの父・母さん、岩手の大会まで参加していただきお疲れ様でした。lovely

やはり今年も熊谷に負けないくらい暑いレースになってしまいました。sun

一緒にゴールしながらも入賞はすばらしいです。おめでとうございます。up

レース後岩手県選手団は、さんさ踊りの太鼓の音を聞きながら、ヨッシーの父さんの分までタップリ頂きました。scissors

次回参加のときは是非交通機関でいらしてください。
参加お待ちしておりますnote

投稿: カズラン | 2010年8月 3日 (火) 19時17分

先週末は岩手でレース参加とは知りませんでした。遠征が続きますね。
10Km折り返しコースで、往路5Km下り復路5Kmの上りは、奇しくもはじき出された「日光杉並木マラソン」に似ていますね。

投稿: 酔~いどん | 2010年8月 3日 (火) 00時22分

60どころか70もありますよ。

投稿: ヨッシーの父 | 2010年8月 2日 (月) 22時45分

入賞おめでとうございます。
いい表情してますね。
そういえば黒部のレースは、走り終わった後
自分もいい表情してたかなぁ。

投稿: 虎まさ | 2010年8月 2日 (月) 22時45分

入賞おめでとうございます!
銀河高原ビールがいいですね。
60歳部門もあるのかな?
でも来年も奥武蔵に出そう・・・

投稿: Hocke | 2010年8月 2日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑を逃れ「赤城大沼」へ | トップページ | マラソンブームです・・・グズグズできませんよ。 »