« 寒くなりました。やはり鍋には深谷ネギ。 | トップページ | 2011年こんな年でした。そして、「双葉町長からのハガキ」 »

2011年12月25日 (日)

クリスマス・ラン「ベアリス30k」

Pict0095
 いやあ、クリスマス寒波という言葉がある(?)そうですが、まさにそんな言葉がピタリと来る寒さですね。そんな寒さのなか、「ベアリス30㎞ in 熊谷・立正大学」が行われました。 
 この大会、30㎞という距離もユニークですが、順位表なしというのもユニークです。更にナンバーカードの他に白いカードを渡され、そこに目標ペースを書いて背中につけるというのもユニークすぎます。つまり背中「5分/1㎞」が、他の選手のペースメーカーの役割を果たすというわけです。
 更にユニークさをあげると、走り終わった選手には昼食が用意されていることです。いえいえ、冷えたおにぎりではなく、大学の学食(埼玉県北は有名な「馬車道」)で暖かいランチ、カレー、うどんなどがいただけるのです。今日のように寒い日には、最高のご馳走ですね。
Nec_0397
 

 さて、今日の私は昨年同様にランニングアドバイザーとして走らせてもらいました。昨年は、選手同様にペースを背中に走ったのですが、今年はスタッフのビブスをつけただけで走りました。ペースを書くと、そこに選手が集まりすぎて危険(コースが狭い)だからのようです。とはいえ、スタート前のランニング・クリニック(山西教授ら)の最後にアドバイザーランナーが紹介され、ここで「5分30秒~40秒」と自己紹介した手前、そのペースで走り出しました。5㎞の周回を6周して30㎞ですので、1㎞毎より5㎞毎のペースを28分前後と考えて走りました。実際に4周20㎞までは、律儀にペースを守りました。でも、このペースでは、身体が温まりません。寒くてたりませんでした。

 どこかでペースを上げて、身体を温め、できれば速く終わりにしたいという不埒な考えが脳裏をかすめ始めた5周目。同じくアドバイザーとして走った早田俊幸選手(HONDA)が来たので、ペースを聞いてついて行くことにしました。4分半のペースだというのです。周回遅れなのですが、ペースメーカーにちょうどいいと思い、ついて行くことにしました。
 彼とは、2005年の仙台国際ハーフ以来です。その時のことも話題にしながら、あっという間の5周目でした。6周目は、単独走になりましたが、多くのランナーに声を掛けながら走りました。ちなみに6周目の5㎞は21分50秒でした。

 多くのランナーは、フルマラソンに向けての走り込みとペースメイクを考えていたようです。そんなランナーたちを終始明るく元気に応援してくれたのが、彼女たちです。立正大学のチアリーダーです。ホント寒いなか、最後まで踊りながら声援を送ってくれました。感謝です。
Nec_0398




|

« 寒くなりました。やはり鍋には深谷ネギ。 | トップページ | 2011年こんな年でした。そして、「双葉町長からのハガキ」 »

コメント

>酔〜いどんさん
早田選手は、ご指摘の通り、川嶋信次氏らとともにDreamとチームの所属ですね。間違えたのは、早田選手との会話で「HONDAは祝日が休みではないので、大田原には出られない」とあったからです。
第一線を退いた後も在職しているようです。

投稿: ヨッシーの父 | 2011年12月28日 (水) 22時25分

早田選手はクラブチームに所属していると思っていましたが、今はHONDA所属ですか。
県岐商出身で高橋尚子の先輩、東海地方と言うことでカネボウで活躍していた頃から応援していました。

期待のランナーでしたが、カネボウ退部後は孤高のランナーとして苦労しながら競技生活を送っていましたね。

投稿: 酔~いどん | 2011年12月27日 (火) 22時29分

>ニャースさん
予想通りにチアリーダーの写真に食いついてきましたね。写真の通り、ホント可愛い子たちでしたよ。

投稿: ヨッシーの父 | 2011年12月26日 (月) 16時02分

フルにはこういう機会が沢山欲しいですね。
チアガールが応援してくれるんじゃ~来年は参加したいな~・・・

投稿: ニャ~ス7号 | 2011年12月25日 (日) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒くなりました。やはり鍋には深谷ネギ。 | トップページ | 2011年こんな年でした。そして、「双葉町長からのハガキ」 »