« 2012「めぬま駅伝」結果報告 | トップページ | 別大マラソンへ »

2012年1月30日 (月)

なんか変だぞ?「勝田マラソン2012」走りました。

 第60回の記念大会、大変な盛り上がりを見せた勝田マラソンでした。参加人数はフルで12000名、10㎞で8000名を越え、もう限界状態でしょうね。今年からフルのスタートが30分繰り上がり10時30分となったせいで、上の7時30分発の「フレッシュひたち」は超満員、例年座っていけるのに上野~勝田間の約1時間半をデッキで立ったままでした。お陰様で、勝田駅を下りるときには腰が悲鳴を上げていました。

 会場に到着し、まる高会長に挨拶をそこそこにトイレに直行、参加賞を受け取り、着替えとナンバーカード&チップを取り付けスタートの準備OK。そうこうしているうちに10時となりスタート地点への移動をする前に慌ててメンバーと写真撮影。Pict0116
 スタート前にもう一度トイレと思いましたが、長蛇の列で諦めてスタート地点へ移動。既に大勢のランナーが待っています。そのなかに無理矢理身体を滑り込ませましたが、肌が触れそうなぐらいの混み具合です。右隣に横顔の素敵な女性(横顔しか見えません)が・・・。(この女性には30㎞付近で先行を許してしまいました。)

 いよいよスタート、込んでいて走り出せません。スタートラインを越えてやっとジョグに移り、次第にペースアップ。昭和通りに出る頃には何とかストレスなく走れるようになりましたが、ここで違和感が・・・・。右足の中指が変に窮屈なのです。痛みも感じます。
 帰宅後、よく確認してみると、大田原で内出血していた黒爪になっていたところがやや変形して盛り上がっているようです。そこが当たって痛くなったのです。実は、左足の中指も同様です。シューズが合わないので、爪が変形したのかも知れません。
 異変はこれだけではなく、右足人差し指(?)の親指側に水泡ができていました。親指が当たっていたのでしょう。5本指ソックスをはいていたのに・・・・こんなことは初めてです。

 それでも5㎞、10㎞と順調にペースをつかんでそれなりにいい感じて走っていました。ただ「いつトイレに駆け込むか」、これだけは常に頭から離れませんでした。15㎞手前、大きく下りそして上りとなるところで、昨日のレースを決定づける異変が起こりました。坂を上り切るところで、右臀部に痛みを感じたのです。ここからこの痛みを抜けませんでした。座骨神経痛でしょうか?
 この後は、「いつペースを落とすか」このことも頭の中に入ってきました。「来週の別大を考えたら無理したくない。」「楽にペースを維持できるなら、そのままいこうか?」「痛みを我慢しなくてはいけないならジョグに変えよう」色々考えながらの走りになりました。
 中間点は1時間31分39秒でした。
 25㎞地点手前の仮設トイレで用を済ませ(毎年ここで用足ししてます)、この跨線橋を上るのに尻の痛みはやはり強いものでした。結局練習のつもりで30㎞までは走り、その先はペースダウンを覚悟しました。そういう気持ちになってからは、自然とペースは落ちました。
 30㎞過ぎで完全に6分/1㎞のゆっくりジョグに移行です。すぐにさんぽさんが横をすり抜けて行きます。「頑張りましょうよ!」のかけ声には、「ジョグにしたから・・・」としか言えませんでした。12㎞も寒い中でジョグをするのは、結構キツイものがありました。
 結局、ゴールタイムは3時間25分51秒でした。結局30㎞からゴールまでは6分/1㎞のペースで行きました。

 昨日の勝田マラソン、実は生徒2人(3年生)と共に参加しました。1人は長距離の男子、駅伝では1年~3年まで1区を担当したエースです。結果は3時間2分39秒で、惜しくもサブスリーはなりませんでした。あとで聞くと中間点が1時間21分台だったとか・・・・。事前に「20分/5㎞より早くならないように」と注意していたのに、速いペースになれているからだがゆっくりペースに対応できなかったようです。
 もう1人は短距離の女子でした。秋からマラソンに向けたトレーニングを始め、4時間19分46秒(ネット)のタイムでフィニッシュしました。ゴール後、まる高のメンバーのいるテントまで走って来たのには驚きました。元気娘です。
  なお、生徒たちがまる高の皆さんに大変よくして頂き、感謝しています。2人にとって卒業前のいい思い出になったことと思います。ありがとうございました。
 

|

« 2012「めぬま駅伝」結果報告 | トップページ | 別大マラソンへ »

コメント

>ゆうさん
倒れていた人、大事になっていなければいいですね。

時々、倒れている人を見かけるときがありますが、自分の走りに集中しているときは、どうしていいか困りますね。

昨年、山の中の某大会で、誰もいないところで倒れている人を見つけました。一声かけてから、山を下ったところにいた応援の人、それからその下にいたスタッフに助けを求めました。ゴール後、本部で確認すると救助されたと言うことでホッとしました。

マラソンでは無理をしないことが第一です。

坐骨神経痛ご心配頂きありがとうございます。軽い走りなら痛みは出ません。次も何とか走れそうです。

投稿: ヨッシーの父 | 2012年2月 1日 (水) 18時24分

お返事ありがとうございました。

知り合いがたくさん走っていたため心配でしたが、ニュースにもなっていなかったので、大丈夫だったのかもしれません。

寒い日がまだまだ続きます。
座骨神経痛、お大事にしてください。

投稿: ゆう | 2012年2月 1日 (水) 18時16分

>さんぽさん
なんか「言い訳集」みたいでしたね。
こうなると別大でそこそこの記録出さないとカッコつきませんね。

生徒2人にはいい卒業前の思い出になったと思います。
昨年度は4人、一昨年度は2人が「さの」を走りました。これからも走るようにし向けていきたいと思います。


>酔~いどんさん
寒い日でしたからテレビ観戦は正解です。
福士選手を見ているとマラソンは難しいですね。


>カルちょこさん
お世話になりました。
彼のように限界まで走れるといいのですが、私は言い訳ばかり考えてます。
生徒の頑張りは、私にとってもうれしいことです。
帰りに「宮ステーキ」でおごっちゃいました。

投稿: ヨッシーの父 | 2012年2月 1日 (水) 12時54分

>ゆうさん
初めまして。
ご訪問有り難うございます。

寒い中、応援ご苦労様でした。
風邪を引きませんでしたか?

路上で倒れていた人は見かけませんでした。
ただ、昭和通りに入ってから救急車が通りを横断するに出会いました。

投稿: | 2012年2月 1日 (水) 09時42分

>ニャースさんへ
高校時代は、遠くなりましたね。
あの2人は、まさに「青春時代」真っ最中ですね。「青春ドラマ」の主役です。そうすると私は、中村雅俊役の先生か?

>Hockeさん
私もどこで抜かれたか分かりません。
25㎞地点手前のトイレに1分ほど入っていましたが、その時では早すぎますよね。

投稿: | 2012年2月 1日 (水) 09時39分

誰しもレース中はいろんな事を考えながら走ってるんだなぁ。。と、ちーとほっとしました。お疲れ様でした。生徒達も頑張りました!!先生として喜ばしい事ですね。しかしサブかったですね。別Mがんばです!

投稿: カルちょこ | 2012年1月31日 (火) 22時41分

勝田マラソン、お疲れ様でした。
当日は大阪国際女子マラソンをTVで観戦していましたが、ゾーンにはまった様な走りで重友選手が優勝し、抑え気味に走った筈の福士が25Km過ぎから早くも失速。
フルマラソンは、計り知れない様なドラマが生まれますね。

投稿: 酔~いどん | 2012年1月31日 (火) 22時16分

実はトラブルがいっぱいあったんですね…。
声掛けられたときは一瞬見間違い?と思いましたが、よく思い出すと何だか痛そうな表情でした。
来週まで回復してほしいですね。
高校生の2人は素晴らしいです。若々しくで素敵でした。

投稿: さんぽ | 2012年1月31日 (火) 14時44分

初めまして。

昨日はお疲れ様でした。

実は応援中に、路上で心臓マッサージを受けている方を見ました。その後どうなったのか、心配で仕方ありません。知りませんか?

投稿: ゆう | 2012年1月30日 (月) 21時07分

中間点では私より4分速かったのですね、いつ抜いたのかわかりませんでした。

投稿: Hocke | 2012年1月30日 (月) 20時20分

お疲れ様でした。
坐骨神経痛大事にしてください。
あの寒さも堪えていたのかもしれませんね。

高校生も頑張りましたね^^ 
羨ましくなる「青春時代」・・・こういう青春時代を送りたかったな~

投稿: ニャ~ス7号 | 2012年1月30日 (月) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012「めぬま駅伝」結果報告 | トップページ | 別大マラソンへ »