« 「2012京都マラソン」走りました | トップページ | 華蔵寺寄席(20121.4.22) »

2012年3月21日 (水)

熊谷さくらマラソン・・・重いとダメージ大です

3月18日(日)、熊谷さくらマラソンが開催され、私も地元の大会を走って来ました。昨年は震災直後で中止になったので2年ぶりの開催です。
Pict0152Pict0151
 さくらマラソンを名乗りながら、桜の気配は微塵もありませんでしたが、梅はやっと見頃を向かえていました。

 いつものように、テントを張って頑棒(まる高の幟)を押っ立てて、仲間の到着を待ちます。やってきました、ぐんたまのコアな仲間たちです。
 例年、レース後も会場に残り、花見の宴を繰り広げるのですが、今年は早咲きの河津桜でさえつぼみを堅くしたままです。その上、春はなのみの寒さで、とてもこの場でビールを酌み交わす気持ちにもなれませんでした。
 そんなわけで、酔~いどんさんの計らいで日帰り浴場~蕎麦屋での宴会と相成りました。いつものようにいつもの仲間たち飲み食べ語らい楽しい一日でした。
Pict0153

 最後にレースの結果です。曇り微風のうえ湿度もやや高めで、走るにはいいコンディションだったと思います。ところが、2月の別大以来シーズンオフ気分が続いています。その間、森林公園、ふかや、京都とレースはこなしてきましたが、ほとんど脱力したままです。体重も2㎏程度増えて、まさに心身ともにたるんだ状態です。その上、金曜は泊まり宴会で体調は最悪でした。プラス要素があるとすれば、それは練習不足で脚に疲労がないことだけです。そんなことで、この日の作戦・目標はなし。

 スタート位置は、ちょっと遠慮気味、スタート地点まで20秒かかりました。混雑の中を無理せずに流れに乗っていきます。エンジンが温まり、次第にペースが上がりかけると胃もたれから気持ち悪い胃液が逆流しそうです。気温はそれほど高くないのか、体調のせいか汗の出が早いようです。給水を心がけましたが、水を口にするたびに気持ち悪くなります。きっと、給水直後が一番苦しそうな顔をしていたかも知れません。
 5㎞を過ぎ、星川通りに入ると急に疲労感が・・・「ああ、今日はダメだな・・」という弱気虫が早くも出てきました。

 5㎞     21:20
10㎞     42:38(21:18)
16㎞  1:08:21(25:43)・・・15㎞地点を見逃した。
あと1㎞ 1:25:57(17:36)・・・20㎞地点がない
ゴール  1:3022( 4:25)

 ややペースが落ちかけたのか、高崎線沿いの道路に入ると2人の女性ランナーが抜いていきます。なんか一人がやけにさわやかに見えて、その後ろ姿をみているうちに元気が蘇ってきました。ジワジワと彼女たちに追いついて、至近距離からパワーをもらいます。
 10㎞地点で、前方に長髪を振り乱しながら走る福田六花を発見。彼を新たな目標にしました。しかし、なかなか差は縮まりません。白いランスカの女性ランナーが先行します。やや離され気味になりながら追っていくと、六花氏との距離もなくなり15㎞手前辺りで、彼に追いつきました。軽く挨拶を交わすと、なぜが彼が急にスピードアップ。「待ってくれ」とばかりに追いかけます。女性2人はやや前です。

 距離表示が残り表示に変わったのは残り5㎞からでしょうか。この頃になると胃のもやもや感が消えていました。さくらメイトの横を通り、白いランスカ、長髪、2人が前を行きます。もう一人の女性は遅れたのかな?
 残り3㎞の表示で時計を確認すると、もう少し頑張れば90分は切れると思い、ここからペースアップです。2人に追いつき先行します。残り2㎞を切ったあとの折り返しで後方を確認するも六花氏は見えず「?????」不思議に思ったが、走りに専念。どうやらすぐ後ろにいたので、見えなかったらしい。白のランスカは後方に。

 いよいよ最後の給水、ここで気合いを入れ直しゴールに向かう。しかし、残り1㎞で時計を見て「ああ、ダメだ・・・90分は切れない」と思ってしましました。4分03秒・・・・実はここで勘違いがあったのです。普通は20㎞の表示が多く、そこからの残りは1.0975㎞です。私の通常の走りは、この距離を4分30秒前後です。勘違いして「無理だ~」と思ってしまったのですね。そう思った瞬間に疲労感が一気に襲ってきて脚が動かなくなりました。
 ゴールのさくら運動公園内の走路に入って六花氏に再度先行を許してしまいました。最後の気力を振り絞り必死で後ろにへばりつきます。「ラスト勝負ならまだまだ負けないぞ」という自負があります。実際、競技場に入ってからのラストスパートで2秒先着しました。その結果、私が壮年男子99位、六花氏が100位でした。お疲れ様でした。

 レースの流れをこんなに良く覚えているのは久々です。ライバル、目標となる人物がいたからなのでしょうか?
 

 レース翌日、全身が筋肉痛でした。弛んだ身体にはレースの頑張りの刺激が強すぎたようです。

|

« 「2012京都マラソン」走りました | トップページ | 華蔵寺寄席(20121.4.22) »

コメント

>びんたろさん
調子が悪いとかいいとかという次元には、ほど遠い状態でした。何も準備しないままですか・・・。
久々に近くに目標とする人がいたってことですね。


>Hockeさん
肋骨の具合はいかがですか?
六花氏は、突っ込みすぎであえいでいたようです。見た目、少々体重オーバーでしたか。


>酔~いどんさん
「かりん糖まんじゅう」、ごちそうさまでした。
あの会場に出ていたのですから、熊谷市内のお店ではないでしょうか?

投稿: ヨッシーの父 | 2012年3月22日 (木) 08時12分

お疲れ様でした。

会場で買った揚げたての「かりん糖まんじゅう」、確か行田の幟が立っていた記憶があり、昨日行田まで探しに出掛けましたが見つける事が出来ませんでした。
行田は勘違いだったのかな。

投稿: 酔~いどん | 2012年3月21日 (水) 22時49分

お疲れさまでした。六花氏とは私も何回か前後してます。
あの茶長髪は目立ちますよね。

投稿: Hocke | 2012年3月21日 (水) 20時19分

お疲れ様でした♪
30分切り惜しい〜!!
調子の悪い出だしがそのままかと思ってたら、ツラいながら駆け引きのある面白いレース展開だったんですね。
最近、まわりに誰がいようが関係なくなる走りばかりの自分です(苦笑)

投稿: びんたろ | 2012年3月21日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「2012京都マラソン」走りました | トップページ | 華蔵寺寄席(20121.4.22) »